病院では教えてくれない 腰痛・関節の痛みがずっと続くと脳に影響を与えることを

痛みを放っておいたらいけない理由

痛みが続くと脳が痛みを学習


平成30年12月19日(水) 静岡新聞夕刊の記事を読んで

これはあなたに知らせなくちゃいけない

と思った事を書きます。

その記事はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

平成30年12月19日(水)静岡新聞夕刊難聴でうつ認知症|圧縮


平成30年12月19日(水) 静岡新聞夕刊 聴力の悪化は





聴力の悪化は、脳の働きに悪影響





「脳の働きに悪影響」






この脳の働きに悪影響は、聴力だけじゃありません。

脳の働きに悪影響


痛みの原因を骨の変形や並びで考える病院や普通の接骨院では教えてくれないことなのですが

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

関節痛や腰痛は脳に影響

例えば腰痛・下肢痛も同じく脳の働きに悪影響になります。





ホームページに

腰痛の原因は、85%が原因不明

原因はストレス

と書いているホームページにも要注意して下さい。





脳の働きに悪影響 = ストレス

と考えている

でもその説明でなっとくしてはいけません。





例えば、腰痛のきっかけ

原因がわからないことが多い

腰痛発症のきっけかけ|TMSジャパン
※TMSジャパンより



なんと原因がわからないという方が、57%です。





当院に来院される腰痛や関節痛がなかなか治らない方々に、丁寧な問診をしてみると現在の痛みの原因がわからに方が多い

ストレスを受けている男性


さらに丁寧な問診をすると、ストレスが浮かび上がる

そのストレスの後から痛みがでるのですが、そのストレス自体を忘れてしまっています。

脳が痛みを学習してしまっている状態です。



その脳の学習を検査する方法

脳機能をチェック

当院では、自律神経バランスをチェックできます

けんこうカイロプラクティックセンター|自律神経バランス測定比較





痛みが長期間に及ぶと、うつ状態になったりしてしまいます。

もしあなたがなかなか治らない腰痛や関節痛で悩んでいたら、要注意

なかなか治らない期間の目安

なかなか治らないって期間ってどのぐらいかというと、当院では、3〜4週間以上だとしています。

数ヶ月治らない方は、痛みはすでに脳に学習されている可能性が大きい

[check]夜間に痛みがありませんか?

[check]なにもしていないのに痛みが悪化する

要注意です。

あなたのご来院をお待ちしています。

けんこうカイロプラクティックセンター 岩崎久弥





a:99 t:1 y:2