スポーツ障害と自律神経バランスの密接な関係を知っておかないと回復が遅れる可能性があります。

スポーツ障害で悩んでいる方へ

あなたはどんなスポーツ障害で悩んでいますか?

[check]小学生までは怪我が少なかったが、中学生になって成長期を迎えてから怪我が多くなった

という障害場所が特定していなくて、痛みの部位が移動していくケースでしょうか?

それてとも一部位に痛みがあるケースでしょうか?

[check]オスグッド・シュラッター病

[check]成長痛

[check]有痛性外脛骨

[check]野球肩

[check]テニス肘

[check]肩の痛み

[check]捻挫

[check]打撲

この中でも最も注意して欲しいのが成長痛と診断をされるケース

私は、成長期だから痛みがでるという考えはしません。

何故かというと、同じ成長期でも痛みがある人といない人がいるから。

成長痛は、なぜ起こるのか?

スポーツをしているからなの?スポーツをしていない人には成長痛はないのか?

そんなことはありません。スポーツをしていない子供にも成長痛で悩むケースは多いです。

何が関連しているのか?

ストレスのケースもあります。

でもけんこうカイロプラクティックセンターでは、自律神経バランスを測定することによってスポーツ障害に対してアプローチをかけていきます。

スポーツ障害で悩む人は、自律神経バランスの乱れているケースが圧倒的

脳と自律神経バランスの関係


自律神経バランスが乱れると、筋肉が緊張

筋肉の緊張は、関節に負担をかけます。

負担のかかった関節は、痛みが出やすくなります。

これがスポーツ障害の原因の一つです。



スポーツ障害で悩むあなたは、一度自律神経バランスを測定して下さい。

そしてスポーツ障害から脱出して下さい。



a:157 t:2 y:1