Tap to close

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症には、ステロイド剤は無効の可能性

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症には、ステロイド剤は無効の可能性

電話番号054-221-0125住所

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症には、ステロイド剤は無効の可能性

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断されたあなたへ


もしあなたが硬膜額ブロック注射をすすめれれていたら、知っておいて欲しい情報があります。



引用元

椎間板ヘルニアか脊柱管狭窄症と診断された腰下肢痛患者73名を対象とした硬膜外ブロックに関するRCT(ランダム化比較試験)によると、ステロイド剤+局所麻酔剤群と生理食塩水+局所麻酔剤群の間に改善率の差は認められなかった。ステロイド注射は無効?



引用元

J Bone Joint Surg Am. 1985 Jan;67(1):63-6. The use of epidural steroids in the treatment of lumbar radicular pain. A prospective, randomized, double-blind study.
Cuckler JM, Bernini PA, Wiesel SW, Booth RE Jr, Rothman RH, Pickens GT.
Abstract
Seventy-three patients with lumbar radicular pain syndromes were treated in a prospective, randomized, double-blind fashion with either seven milliliters of methylprednisolone acetate and procaine or seven milliliters of physiological saline solution and procaine. All patients had radiographic confirmation of lumbar nerve-root compression, consistent with the clinical diagnosis of either an acute herniated nucleus pulposus or spinal stenosis. No statistically significant difference was observed between the control and experimental patients with either acute disc herniation or spinal stenosis. Long-term follow-up, averaging twenty months, failed to demonstrate the efficacy of a second injection of epidural steroids administered to the patients whose pain did not respond within twenty-four hours to an injection of either eighty milligrams of methylprednisolone acetate combined with five milliliters of 1 per cent procaine or two milliliters of sterile saline combined with five milliliters of 1 per cent procaine. Therefore, a decision to use epidural steroids must be made with the realization that we failed to demonstrate its clinical efficacy in this study and that reports of serious complications of this procedure have been published.


情報のリンク先 http://1.usa.gov/qAFypS




この論文を読む限り、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因で神経を圧迫していると仮定すると、もっとも強力な抗炎症剤であるステロイドが効かないということは、腰下肢痛は炎症が原因でないということがわかります。



では何が原因ですか?



考えられるのは、筋肉の動作による痛み・トリガーポイントが形成されているということが考えられます。



例えば小殿筋のトリガーポイント。





原因は、お尻にある×印ですが、痛みなどは赤い部分になります。この痛みは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で痛む部位と酷似していますので、原因はお尻の筋肉かもしれません。。



ブロック注射をしても痛みが良くならないというあなたの痛みの原因は、お尻の筋肉の動作による痛みかもしれません。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア