Tap to close

足底腱膜炎に対する施術方法

足底腱膜炎に対する施術方法

電話番号054-221-0125住所

足底腱膜炎に対する施術方法

昨日、電話で「足底腱膜炎の治療はできますか?」という問い合わせがありました。



実は、私カイロプラクティック大学に在学中、足底腱膜炎に悩まされました。







その当時の私の症状



✓朝の一歩目、かかとに激痛





✓立っていると足裏が痛くなる





✓毎日足底に湿布をしないと眠れない





大学時代、学費を稼ぐために毎朝5時からレストランでアルバイトしていたのですが、長時間の立ち仕事なため、踵が痛くて痛くて辛かった、今思い出しても痛みを思い出します。(>o<)



ひどくなると踵の骨にトゲ(棘)ができちゃうんです。そうなると手術しかありません







カイロプラクティック大学附属の臨床実習クリニックでカイロプラクティックの施術を受けていたのですが、その当時に受けていたのは、カイロプラクティックによる施術ではなく足底腱膜炎の患部に超音波での施術



えっ!「カイロプラクティックで、超音波かよ!」って正直思いましたよ。



カイロプラクティックでの施術を期待して受診したのに・・・・カイロプラクティックでは足底腱膜炎に対する施術はないのか?



そんなことはありません。



カイロプラクティックでも物理療法を取り入れることはあります、でもそれ以外に方法はないものかと考えていたとき、足底腱膜炎のケアができるテクニックに出会いました(-^_^- )



それは、アメリカのアクティベータ・メソッドというカイロプラクティックテクニック



カイロプラクティックは背骨をボキボキする施術法だと考えている方も多いのではないかな?







カイロプラクティック = 整体 だと考えている人も多いと思います。



アクティベータ・メソッドでは、足関節・膝関節・股関節・肩関節・肘関節・手関節などの四肢の関節もしっかりとケアできるテクニックです。



さっそく自分も受けました、アクティベータ・メソッドをそうすると徐々に痛みが軽減してくるのが良くわかりました。



効果があるのかないのかわからなかった超音波よりも、痛みが施術を受けるごとに良くなっていくので、満足度はかなり上

さっそく自分もアクティベータ・メソッドを学びはじめました、今から19年前のこと

アクティベータメソッドを施術にトリガーポイントいれてから、四肢の関節に悩むお客さま、アスリート(陸上・サッカー・バスケ・ハンドボール・ゴルフ)のお客さん達がとっても喜びましたね。

足関節の内反捻挫

足底腱膜炎

膝の痛み

股関節の痛み

肉離れ

なども、いろんな患者さん方が来院されましたが、原因が足関節に集中していることが多いこともわかりました。

足底腱膜炎で悩んでいる方は、腰痛も訴えていることが多い。

足底腱膜炎が先か?腰痛が先か?



当治療院での、足底腱膜炎の治療方法



1、アクティベータ・メソッドで足関節の神経関節機能バランスのチェック



2、足関節ばかりではなく、膝関節、股関節、脊柱(せぼね)、骨盤などの緊張感がないかをチェックして、全身のケア



3、ストレスの関与が疑われる患者さんには、ストレスチェック





足底腱膜炎は、踵だけの問題ではありません。全身の問題です。整形外科・接骨院・整体院に行き、足底腱膜炎の治療に満足していない方は、ぜひご来院下さい。



あなたのご来院をお待ちしています。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア