Tap to close

オーダーメイド枕を作れば頭痛・肩こりは解消されるのか?

オーダーメイド枕を作れば頭痛・肩こりは解消されるのか?

電話番号054-221-0125住所

オーダーメイド枕を作れば頭痛・肩こりは解消されるのか?


いつもホームページ・ブログを読んで下さってありがとうございます。

けんこうカイロプラクティックセンター 岩崎久弥(いわざきひさや)です。




今日は【オーダーメイド枕を作れば頭痛・肩こりは解消されるのか?】というブログテーマです。





先日グループLINEで配信したのは、私が20年間使っている枕の話。

あるお客さまとこんな話をしました。


先生、【枕営業】をはじめたんですか?(笑い)😁




【枕営業】・・・枕の話をしているから枕営業になるのかな?

せめて枕の営業にして下さい。

枕営業だと他の意味に取られちゃいますよ。




枕に関する相談が多いのです。だから枕を売りたい訳じゃなくて、いい枕を紹介したいのです。




あなたに合っている枕とは?


カイロプラクティック大学(5年制の大学)1年生の時、今まで実感したことが無かった頭痛や肩こりを感じるようになりました。頭痛・肩こりで悩んでいる時、カイロプラクティック器具を販売している会社に見学に行きました。

そこで運命的な枕と出会い、すっかりと恋に落ちました。


当時、学生結婚をしたばかりの私は、新婚旅行費用を全額、カイロプラクティック大学の入学金にあててしまい。まさに貧乏学生状態。9000円の枕を買うのも、清水の舞台から飛び降りるような気持ち。

枕を買うことにびびる|清水の舞台からとびおりる


エイヤッっていう気持ちで、買ったのですが、それからその枕で寝るとぐっすりと眠れるようになり、頭痛・肩こりも少しずつ良くなっていきました。


20年もたつとすっかりとへたってしまったのですが、洗濯機で洗えるので、今ではけんこうカイロプラクティックセンターで使っています。


枕を使う意味

あなたは枕を使っていますか?枕を使う意味ってご存じですか?

枕を使う意味


枕を使う意味は、首の骨の生理的弯曲(カーブ)を維持するために枕を使います。

枕を使う意味は、頚椎のカーブを維持するため


自然なカーブの頚椎と不自然なカーブの頚椎


スマートホンが普及してからスマホ首とかストレートネックの人が多くなったということを良く聞きますが、スマホ首の人は、下の写真の頚椎のような感じです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スマホ首|不自然なカーブの頚椎


昔の枕を使う意味


時代劇などをみると枕が高いことがわかります。これは髷と関係があるとおもいます。髷を維持するために高い枕をつかっていたのだと考えます。だから首のカーブを維持するための枕ではなく、髷を維持するための枕だったのでしょう。



私が幼い頃の枕はそば殻枕、東京に住んでいたとき、静岡の実家に帰るとそば殻枕で、高さが高いし固いしでなかなか寝付けなかったし、翌日頭痛になってしまったという想い出があります。


オーダーメイド枕を作ればいいのか?


オーダーメイド枕、憧れますよね。作ってみたい気持ちもあります。
私はYシャツをオーダーして作ることを20年前からしているのですが、身体にぴったりして気持ちいい。オーダーメイド枕をつくった時って同じような気持ちでしょう。

オーダーメイドで作る枕


でも先日、オーダーメイド枕を作ったFさんというお客さまとお話をしたのですが、『せっかく作ったけどやっぱり枕が合わない』『また首の痛みがでてきちゃった』ということを言っていました。

せっかく計測をしたのに何故、Fさんのオーダーメイド枕が合わなくなってしまったのでしょうか? 不思議です。

なぜオーダーメイド枕が合わなくなるのか?


オーダーメイド枕を作るとき、あなたは首の痛み・肩こり・頭痛をもっていたり不眠・身体の疲れがあったからではないでしょうか?

そんな身体が不調の時にオーダーメイドをしたのがいけないのではないかと思います。

服をオーダーメイドで作るとき、太っていたり痩せていたりしたらどうでしょう。その後痩せたり・太ったら、その時作った服はあわなくなってしまいます。




同じような状態がオーダーメイド枕でも当てはまります。調子の悪いときに作った枕は、首の施術を受けたあとのいい状態の頚椎にはあわなくなる可能性がでてきます。

オーダーメイド枕を作る前に、きっちりと首のケアを受けてからにしましょう。けんこうカイロプラクティックセンターでは、枕の相談を承っています。

気になるようでしたら枕をご持参下さい。


けんこうカイロプラクティックセンターが考える理想の枕


横向きでも仰向けでもしっかりと頚椎を支える枕


けんこうカイロプラクティックセンター 岩崎久弥(いわざきひさや)が考える理想の枕は、横向きでも仰向けでもしっかりと頚椎を支える枕です。人は一晩に6回〜8回寝返りをうつといわれています。

枕があっていないと、寝返りの回数が増え、熟睡感が得られません。朝起きると疲労を感じている状態。頭痛・肩こり・首こりばかりではなく、背中の痛みや腰痛も感じている人が多いのではないかと思います。




熟睡をするための理想の枕の素材と形






私が行き着いた枕の素材と形を紹介します。
熟睡のための素材
暑すぎず・寒すぎない

暑いときでも、寒いときでも、ずっと快適に温度をコントロールする『アウトラスト』。

アウトラスト人間が一番快適だと感じる温度(31℃〜33℃)に保ちます。

アウトラスト枕の素材





けんこうカイロプラクティックセンターの在庫状況


先日LINE@から紹介した枕は、すぐに売り切れてしまいました。

昨日(令和元年11月24日(日))メーカーにオーダーしたら、2個しか買えませんでした。1つは、御前崎から来院されるNさんから注文済み。申し訳ありません、一つしか在庫がありません。今年中に再度注文ができるかどうかわかりません。

ご希望の方は、早めに声をかけて下さい。価格は、9900円(消費税含む)を10%割引で、9000円(税込み)になります。

もしかしたら年内には仕入れることができなくなるかもしれません。

ぐっすりと眠れる枕


購入された方からの感想


ゴルフで自己ベストがでました。

20代男性



ぐっすりと眠れました。

40代女性



肩こりと首こりが良くなりました。

50代女性



すべての方にしっくりいくとは限りませんが、肩こり・首こり・頭痛・背部痛・腰痛で困っている方は、ぜひためして下さい。

ブログを最後まで読んで下さってありがとうございました。






  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア