Tap to close

自律神経失調症状(高血圧)と当センター施術法の研究論文

電話番号054-221-0125住所

自律神経失調症状(高血圧)と当センター施術法の研究論文

こんにちは、けんこうカイロプラクティックセンター(静岡市葵区) 代表カイロプラクター 岩崎久弥(いわざきひさや)です。




今日は、アクティベータ・メソッド・インターナショナル(アメリカ)本部のホームページにある論文を翻訳してみました。




自律神経失調症状のひとつである高血圧症に対するケアの論文ですので、ご紹介します。




血圧と脈拍数に対する特定の胸部カイロプラクティック調整の効果を測定するためのランダム化比較試験
2015年6月1日 アクティベーターIV、臨床試験、高血圧血圧、研究、

概要 目的: ランダム化比較試験(RCT)は、エルサルバドールの290人の正常血圧および高血圧患者の拡張期および収縮期血圧、血圧分類、脈拍数の変化について、アクティベーター機器を使用して特定の胸部(T1〜T5)操作の効果をテストするために設計されました。 。

方法: インフォームドコンセントは、選択基準を満たす290人の被験者から得られました。それらは3つのグループの1つにランダムに割り当てられました:コントロール(すなわち、治療なし、N = 95)。プラセボ治療(N = 96); または積極的な治療(N = 99)。被験者の血圧と脈拍数は、15分間リラックスした後、介入前、そして治療直後に測定されました。

結果: 収縮期および拡張期の血圧、脈拍数、および血圧分類は、積極的な治療群でのみ有意に減少しました。プラセボ治療群と対照群では有意な変化は発生しませんでした。無治療と比較した場合の高血圧分類の変更における活性化因子治療の効果量は、中程度のd = 0.37であり、プラセボと比較した場合は0.45でした。

結論: 特定の胸椎の操作は、血圧、脈拍数、およびアクティブな治療グループでのみ高血圧分類の変化という3つの測定値に影響を与えました。所見は、治療不安からのリバウンド効果を部分的に表す可能性がありますが、これだけでは観察結果を説明できませんでした。偽の設定のためのアクティベーター機器のユーティリティは、将来の有効性研究のためにサポートされました。減少はいくつかの分析にわたって強力でしたが、効果の持続期間はより長期のフォローアップを必要とします。

Asian Journal of Multidisciplinary Studies、Vol 3、No 6、(2015年6月)。

著者情報:Roffers SD、Menke JM、MorrisDH。カイロプラクティック研究同盟、1046 Davis Circle NW、アトランタ、ジョージア州30318、米国

ClinicalTrials.gov識別子: NCT01591967

この論文の注目点は、収縮期および拡張期の血圧、脈拍数、および血圧分類は、積極的な治療群でのみ有意に減少したことです。



アクティベータ・メソッドによる胸椎のケアは、12個ある全ての胸椎に対して施術ができます。胸椎をもっとわかりやすく説明すると背中への施術。高血圧のお客さまの多くは、背中が固くなっている傾向です。



リンク元;https://www.activator.com/research/a-randomized-controlled-trial-to-measure-the-effects-of-specific-thoracic-chiropractic-adjustments-on-blood-pressure-and-pulse-rate/

A Randomized Controlled Trial to Measure the Effects of Specific Thoracic Chiropractic Adjustments on Blood Pressure and Pulse Rate
June 1, 2015 Activator IV, Clinical Trials, Hypertension Blood Pressure, Research, Abstract OBJECTIVE: A randomized controlled trial (RCT) was designed to test effects of specific thoracic (T1 to T5) manipulations using an Activator instrument for changes in diastolic and systolic blood pressure, blood pressure classification, and pulse rates in 290 normotensive and hypertensive people in El Salvador.

METHODS: Informed consent was obtained from 290 subjects meeting the inclusion criteria. They were randomly assigned to one of three groups: Control (i.e., no treatment, N=95); Placebo treatment (N=96); or Active treatment (N=99). Subjects’ blood pressure and pulse rates were measured after relaxing for 15 minutes, then before intervention, and again just after treatment.

RESULTS: Systolic and diastolic BP, pulse rate, and BP classification decreased significantly only in the active treatment group. No significant changes occurred in the placebo treatment and control groups. Activator treatment’s effect size in changing hypertension classification as compared to no treatment was a medium d = 0.37, and 0.45 when compared to placebo.

CONCLUSION: Specific thoracic spinal manipulations affected three measures: blood pressure, pulse rate, and changes in hypertension classification only in the active treatment group. Findings may represent in part a rebound effect from treatment anxiety, but this alone did not account for the observations. Activator instrument’s utility for sham settings was supported for future efficacy studies. The decrease was robust across several analyses, but the duration of the effect requires longer-term follow up.

Asian Journal of Multidisciplinary Studies, Vol 3, No 6, (June, 2015).

Author information: Roffers SD, Menke JM, Morris DH. Chiropractic Research Alliance, 1046 Davis Circle NW, Atlanta, GA 30318, U.S.A.

ClinicalTrials.gov Identifier: NCT01591967



高血圧症で悩まれていて、薬を服用するのがイヤで悩んでいたら、アクティベータ・メソッドによる胸椎のケアを受けてみると良いです。自律神経失調のひとつである高血圧症、けんこうカイロプラクティックセンターはきっとあなたのお役に立てます。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア