Tap to close

18年間悩んでいる椎間板ヘルニアの回復経過1

18年間悩んでいる椎間板ヘルニアの回復経過1

電話番号054-221-0125住所

18年間悩んでいる椎間板ヘルニアの回復経過1

今日は、けんこうカイロプラクティックセンター(静岡市)に来院されているお客さまの紹介で、愛知県から来院して下さった40代男性のお客さまの施術報告をします。
記入していただいた問診表をみてみると腰痛と足のシビレが記入されていました。
病院を受診、MRI検査で椎間板ヘルニアと診断されたそうです。
18年も椎間板ヘルニアで悩み続けて、けんこうカイロプラクティックセンターの来院、私はレントゲン・MRIなどの画像診断結果を否定することはありません。

ぜ18年も椎間板ヘルニアが治らないのか?に疑問を持ちます。

なぜ18年も椎間板ヘルニアが治らない?

実は、椎間板ヘルニアは約6ヶ月で消滅することが多い。

 

多くの場合、ヘルニアは自然になくなる じつは、椎間板ヘルニアの多くは、何の対策をとらなくても、発症してから6か月前後で自然に消失します。

これは、整形外科医の間ではかなり以前から常識になっていることですが、一般には、まだあまり知られていないかもしれません。

ただ、すべての椎間板ヘルニアが自然に消えるわけではありません。消えやすいのは、髄核が椎間板と神経の間にある後縦じん帯を突き破っている場合です。

 

その場合は、免疫細胞が反応して、飛び出した髄核を食べるため、ヘルニアが自然に消えるのですが、髄核が後縦じん帯を突き破っていない場合は、免疫細胞が反応しにくいため、椎間板ヘルニアは自然に消失しにくいと考えられています。

あなたはこの常識を教えてもらっていましたか?。

まったく知りませんでした。椎間板ヘルニアがずっとあるものだと思っていました。

けんこうカイロプラクティックセンターでは、お客さんには、まずこの【ヘルニアが自然に消えていく】という常識を知ってもらい、【椎間板ヘルニアがずっとあるもの】だと考え続けるという認知の歪みを修整することが大切だと考えています。

詳しい症状を把握するために大切なのは、問診表と実際の問診です。けんこうカイロプラクティックセンターでは、院長 岩崎久弥(いわざきひさや)が創りあげた魔法の問診による健康調査表(問診表)と魔法の問診法を使います。

【18年間続いている椎間板ヘルニアの痛み・シビレの原因は何?】

18年も続いているという、椎間板ヘルニアは自然になくなることが多いことを考えると、お客さんは椎間板ヘルニアだと思い込んでいる可能性が高い

さっそく自律神経バランスの測定

 

その結果、交感神経・副交感神経共に低下している状態(>o<)

 

自律神経が疲弊している状態

 

ということは、筋肉が硬くなったり不眠になったりして気分的にうつ的になっていく方が多い

✓姿勢検査では、前屈みの姿勢になっていることが判明 ⇒ 腰に負担がかかる
✓可動域検査では、筋肉が硬くなっているので ⇒ 動きが制限されるため動くと痛みがでる

 

まさに負のスパイラル

 

負のスパイラルになっていることをお客さまに説明

 

では、腰のどの部位の神経が緊張しているのか丁寧にチェックする必要がある

痛みの部位だけでなく全身の神経関節機能バランス(サブラクセーション)をチェックするには、アクティベータ・メソッドでの検査が最適

アクティベータメソッドでの検査結果は、腰だけの問題ではなく、背中・首・肩の関節などにも神経が緊張していることが判明

 

18年も治らない理由の一つが、腰だけの治療を受けて来たからでしょう。

 

腰の問題は、全身に影響を与えます。

 

これは間違いありません!!

 

 

この後、施術プログラムを作成して、お客さまと施術方針の確認しました。

 

さて18年続いた椎間板ヘルニアは、どうなるでしょうか?

 

あなたはどうなると思いますか?

 

回復  それとも  痛みの継続か?

 

 

実は、このあとの結果・・・・

 

これはまたアップします。(*^o^*)

 

けんこうカイロプラクティックセンター 岩崎久弥(いわざきひさや)

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア