Tap to close

48才男性の左右の下肢の痛みとシビレが回復した理由

48才男性の左右の下肢の痛みとシビレが回復した理由

電話番号054-221-0125住所

48才男性の左右の下肢の痛みとシビレが回復した理由

こんにちは。けんこうカイロプラクティックセンター 岩崎久弥(いわざきひさや)です。







今日のブログは、施術を感想を頂きましたので紹介させて頂きます。













今回のケースは、48才男性が突然の両足の痛みとシビレで来院されました。





エアコンで足を冷やしてしまった後からはじまった、両足の痛みとシビレ








冷えが原因だと考えていたTさんは、30度を超える気温の日でも、両足の冷えを防止・保温対策をしていました。この夏の暑さですから大変です。


エアコンの冷えは、痛みの原因になりますか?







冷え = 痛み とは考えにくいですが、自律神経バランスの悪化によって両足の血流が悪ることによって、下肢に痛みの物質がたまってしまうことがあります。それが原因になっていると思います。







自律神経バランスを整える施術を受けていただいてから、Tさんの両足の痛みとシビレは、約5回で回復されました。トントン拍子で回復されたケース。











昔、ぎっくり腰をしってから、ずっと腰痛に悩まされ続けました。今回は、冷え等もあり、さらに、おしり・両足全体に痛み・しびれが発生して、読むも寝れない状況となりました。


対応の仕方がわからず、けんこうカイロプラクティックセンターに相談し、施術を受けました。


おしり、両足全体の痛み・しびれがとれた上に、今まで慢性的にあった腰痛の痛みもほとんどなくなりました。


本当にありがとうございます。とってもとってもうれしいです。




Tさん、うれしい施術後の感想を頂きましてありがとうございました。


今年の夏の暑さは今まで感じたことの無いような暑さです。


私は、昨年までは夜中にエアコンが切れる設定にしていましたが、今年は朝までエアコンをつけて寝ています。


なので羽毛布団をしまわないようにして、冬のように羽毛布団を掛けて寝ています。


そのためエアコンによる冷えを感じること無く、朝までぐっすり眠れています。


深部体温を下げないようにしているのがいいのだと思います。


Tさんも、ぜひ身体を冷やしすぎないようにエアコンを使って下さい。




今回のケースで、私が注目したのは、「冷え」です。




エアコンを常用しているこの夏には、エアコンによる冷えが身体の不調の原因になっていることが多いのですが、自律神経バランスが悪化している方が本当に多いです。


Tさんの自律神経バランスですが、こちらをご覧下さい。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





注目して欲しいのは、交感神経の働きが強い


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





交感神経は、分かりやすく説明すると車のアクセルと同じで、一方的に緊張するとアドレナリンが過剰に分泌され、血管が収縮して、血流障害が起こります。その結果、虚血(局所的な貧血状態のこと)が起こります。





今回のTさんのケースは、自律神経バランスの悪化のよる腰痛だと考えて、自律神経バランスを整えるケアをしました。


腰痛 = 痛みの部位のケアをする ではありません。


自律神経バランスも腰痛に関係があります。


あなたは、いつまで痛みの部位を続けますか?


なかなか治らない腰痛のあなたへ、自律神経バランスのケアをはじめて下さい。




  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア