Tap to close

歯科を受診した後に予約を入れる外国人のお客さま

歯科を受診した後に予約を入れる外国人のお客さま

電話番号054-221-0125住所

歯科を受診した後に予約を入れる外国人のお客さま

こんにちは。けんこうカイロプラクティックセンター 代表 岩崎久弥(いわざきひさや)です。







今日のブログは、【歯医者さんを受診した後に予約を入れる宣教師のお客さま】







けんこうカイロプラクティックセンターが開業した16年前から来院して下さっている外国人のお客さまのRさんがいるのですが、最近、歯医者さんを受診した後に予約をされるようになりました。





カイロプラクティックは、アメリカが発祥。Rさんはアメリカ人なのですが、アメリカでもけんこうカイロプラクティックセンターが使用しているカイロプラクティックテクニックのアクティベータ・メソッドを受けていらしたそうです。





日本でもアメリカでも、アクティベータ・メソッドは同じケアを受けることができます。





最近、Rさんは歯医者さんに通院していますが、長い時間、口を開けて歯科治療を受けていると首と肩に痛みを感じるようになってくるようになったそうです。











Rさんの身体のバランスをチェックしてみるとわかったのは、顎関節に緊張があること








痛みがある首と肩には、大きな原因はなかった!!!


実はですね、痛みの部位に原因がないことが多い!!!


まずはトリガーポイントの考え方を知って下さい。


トリガーポイントとは
トリガーポイントとは、痛みのトリガー(引き金)になる筋肉の硬縮(固くなっている)部位(コリコリした筋肉の硬い部分)のこと。


トリガーポイントは単なる圧痛点ではなく、固くなった部分以外の部位に関連痛を引き起こします。






例えば、側頭筋











×がついている部分が原因の筋肉ですが、痛みは赤い部分にあらわれます。





痛みの部位がイコール痛みの原因になることもありますが、痛みの原因にならないこともあります。というか痛みの原因じゃないことが多いです。







Rさんは、いち早く痛みの原因が歯科治療を受けた後の顎関節の緊張にあるということに気づき、歯科を受診した次の日に予約を入れるようになったのです。歯科を受診した後に顎関節のケアをするというというのは経験上わかっていたのですが、実際にお客さまの行動をみて確信。歯科治療の後は、顎関節のケアをした方が良い。





あなたの頭痛や肩こりの原因は、もしかしたら顎関節にあるかもしれません。いろんなところでマッサージを受けたり、いつも湿布をはっていたりしたら、ちょこっと顎関節を触って下さい。ほっぺたのあたりにコリコリした筋肉が緊張した部位はありませんか?もしあったら当センターにお電話ください。あなたのご来院をお待ちしています。





ブログを最後まで読んだ下さってありがとうございました。







ほうれい線の左右差などで悩んでいたら、もしかしたら顎関節のアンバランスが原因かもしれません。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア