Tap to close

けんこうカイロプラクティックセンターが左右の血圧を計測する理由

電話番号054-221-0125住所

けんこうカイロプラクティックセンターが左右の血圧を計測する理由

こんにちは、けんこうカイロプラクティックセンター(静岡市) 代表カイロプラクター 岩崎久弥(いわざきひさや)です。

今日のブログテーマは、「けんこうカイロプラクティックセンターが左右の血圧を計測する理由」です。





よくお客さまからこんな質問を受けます。



なぜ先生は、血圧を左右の腕で計測するのですか?

何かわかるのですか?



血圧は、自律神経に影響されるため、血圧を計測すると右脳か左脳の機能低下を判断する1つの指標になるからです。



血圧の左右差リスクを研究した論文を紹介して頂いたので紹介します。




日本語翻訳(岩崎久弥訳)

左右腕間の血圧の違いは、大きな死亡リスクに関連する 2020年12月21日

概要:腕の血圧の左右の違いは、心臓発作、脳卒中、そして最終的には死のリスクが高くなることに関連しています。

出典:エクセター大学(エクセター大学はイギリスのデヴォン州、エクセターにある国公立大学である。イギリスの大規模研究型大学連合であるラッセル・グループの加盟校であり、競争率は8倍にも及ぶ英国屈指の人気校の1つである。Wikipediaより


大規模な国際研究からの確固たる証拠は、腕間の血圧測定値の違いが心臓発作、脳卒中、および死亡のより大きなリスクに関連していることを確認しています。


エクセター大学が主導するグローバルなINTERPRESS-IPDコラボレーションは、利用可能なすべての研究のメタアナリシスを実施し、24のグローバル研究からのデータをマージして約54,000人のデータベースを作成しました。データは、両腕の血圧測定値が入手可能なヨーロッパ、米国、アフリカ、アジアの成人にまたがっていました。


国立健康研究所(NIHR)によって資金提供され、本日高血圧で発表されたこの研究は、腕間の血圧差が大きいほど、患者の追加の健康リスクが大きいと結論付けた最初の研究です。


現在、国際血圧ガイドラインは、心血管リスクを評価する際に両腕の血圧を測定するように医療専門家にアドバイスしていますが、これは広く無視されています。


新しい研究では、左右腕間の血圧差の「正常」の新しい上限が提供されています。これは、現在のガイダンスよりも大幅に低くなっています。この研究は、国際的な高血圧ガイドラインの変更につながる可能性があります。つまり、より多くのリスクのある患者を特定し、命を救う可能性のある治療を受けることができます。


チームは、研究のすべてのステップで患者諮問グループと協力して、患者を中心に据えた方法論で、腕間の血圧差に関するデータを分析し、10年以上のコホート研究で発生した死亡、心臓発作、脳卒中の数を追跡しました。


エクセター大学医学部の主執筆者でGPのクリスクラーク博士は、次のように述べています。


日常的に使用される血圧計で片方の腕をチェックしてからもう一方の腕をチェックするのは安価であり、追加または高価な機器を必要とせずに、あらゆる医療環境で実行できます。


現在、国際的なガイドラインでは左右の血圧測定を行うことを推奨していますが、通常は時間の制約のために、片方の腕しか計測しません。私たちの調査によると、両腕の測定に少し余分な時間があれば、最終的に命を救うことができます。」


「私たちは、2つの腕間の血圧差が、健康状態の悪化に関連していることを長い間知っていました。 INTERPRESS-IPD調査に関係する多数の人々は、これをより詳細に理解するのに役立ちます。 腕間の血圧差が大きいほど心血管リスクが高くなるため、両方の腕を測定して、どの患者が著しくリスクが高いかを確認することが非常に重要であることがわかります。 血圧チェックが必要な患者は、少なくとも1回は両腕でチェックされることを期待する必要があります。」


血圧は脈拍ごとに周期的に上下します。 水銀柱ミリメートル(mmHg)の単位で測定され、測定値は常に2つの数値として示されます。上部(収縮期)の測定値は最大血圧を表し、下部(拡張期)の値は最小血圧を表します。


高い収縮期血圧は高血圧を示します。 これは成人人口の3分の1に影響を及ぼし、予防可能な心臓発作、脳卒中、および死亡の世界的な主要な原因の1つです。


左右の腕の収縮期血圧測定値の有意差は、血流に影響を与える可能性のある動脈の狭窄または硬化を示している可能性があります。 これらの動脈の変化は、その後の心臓発作、脳卒中、または早期死亡のさらなるリスクマーカーとして認識されており、治療のために調査する必要があります。





研究者らは、2つのアーム間で見つかったmmHgの差ごとに、新しい狭心症、心臓発作または脳卒中が発生する予測、10年リスクが1%上昇したと結論付けました。


現時点では、英国とヨーロッパの両方のガイドラインで、2つのアーム間の収縮期の差が15 mmHg以上であることが、追加の心血管リスクを示すしきい値として認識されています。


この新しい研究では、10 mmHgの左右差は明らかに追加のリスクを示していることがわかりました。これは、このような左右の腕での血圧差が存在する場合、はるかに多くの人々が治療を検討する必要があることを意味します。


この目的のために、研究チームは、臨床医が使いやすいツールを作成し、両腕の血圧測定値を組み込んで、リスクに基づいて誰が治療を検討すべきかを決定しました。


フランスのリモージュにあるデュピュイトラン大学病院の心臓病学部長である研究共著者のビクター・アボヤンス教授は、次のように述べています。 定期的な臨床予約中に両腕を順番に測定する場合の血圧。 この情報は、心血管リスクを評価する際の将来のガイドラインと臨床診療に組み込まれるべきです。 それは、心臓発作、脳卒中、死亡のリスクを減らすことができる治療のために、より多くの人々が検討されたことを意味します。」





10 mmHgを超える腕間差は、高血圧(高血圧)のある人々の11%(それ自体が健康上のリスクとして知られている)と一般人口の4%で発生します。


INTERPRESS-IPDコラボレーションには、ウェールズとスコットランドのオックスフォード大学とグラスゴー大学、フランスのリモージュ大学、カナダのケベックアトロワリビエール大学が含まれ、スペイン、台湾、米国、デンマーク、スウェーデン、ドイツ、中国、オランダの大学と協力しています。


INTERPRESS-IPDコラボレーションは、血圧測定の側面に関する他の研究課題を引き続き調査し、今後1年間の血圧測定の精度向上をサポートするさらなる結果を公開する予定です。








従来のガイドラインでは、血圧の左右差が15㎜Hgあると、心臓発作、脳卒中、死亡のリスクがあると考えられていましたが、最近の研究では、10mmHgに下がっています。




英文

Difference in Blood Pressure Between Arms Linked to Greater Death Risk ・·December 21, 2020

Summary: The difference in blood pressure between a person’s arms is linked to a higher risk of heart attack, stroke, and ultimately death.


Source: University of Exeter


Robust evidence from a large international study confirms that a difference in blood pressure readings between arms is linked to greater risk of heart attack, stroke and death.


Led by the University of Exeter, the global INTERPRESS-IPD Collaboration conducted a meta-analysis of all the available research, then merged data from 24 global studies to create a database of nearly 54,000 people. The data spanned adults from Europe, the US, Africa and Asia for whom blood pressure readings for both arms were available.


Funded by the National Institute for Health Research (NIHR) and published today in Hypertension, the study is the first to conclude that the greater the inter-arm blood pressure difference, the greater the patient’s additional health risk.


Currently, international blood pressure guidelines advise health professionals to measure blood pressure in both arms when assessing cardiovascular risk,- yet this is widely ignored.


The new study provides a new upper limit of ‘normal’ for an inter-arm difference in blood pressure, which is significantly lower than the current guidance. The research could lead to a change in international hypertension guidelines, meaning more at-risk patients could be identified and receive potentially life-saving treatment.


In a methodology that put patients at its heart, working with a patient advisory group at every step of the research, the team analysed data on inter-arm blood pressure difference, and tracked the number of deaths, heart attacks and strokes that occurred in the cohort over 10 years.


Lead author and GP Dr Chris Clark, of the University of Exeter Medical School, said: “Checking one arm then the other with a routinely used blood pressure monitor is cheap and can be carried out in any healthcare setting, without the need for additional or expensive equipment. Whilst international guidelines currently recommend that this is done, it only happens around half of the time at best, usually due to time constraints. Our research shows that the little extra time it takes to measure both arms could ultimately save lives”.


“We’ve long known that a difference in blood pressure between the two arms is linked to poorer health outcomes. The large numbers involved in the INTERPRESS-IPD study help us to understand this in more detail. It tells us that the higher the difference in blood pressure between arms, the greater the cardiovascular risk, so it really is critical to measure both arms to establish which patients may be at significantly increased risk. Patients who require a blood pressure check should now expect that it’s checked in both arms, at least once.”


Blood pressure rises and falls in a cycle with each pulse. It is measured in units of millimetres of mercury (mmHg), and the reading is always given as two numbers: the upper (systolic) reading represents the maximum blood pressure and the lower (diastolic) value is the minimum blood pressure.


A high systolic blood pressure indicates hypertension. This affects one third of the adult population and is the single leading cause globally of preventable heart attacks, strokes and deaths.


A significant difference between the systolic blood pressure measurements in the two arms could be indicative of a narrowing, or a stiffening, of the arteries, which can affect blood flow. These arterial changes are recognised as a further risk marker for subsequent heart attack, stroke or early death, and should be investigated for treatment.


The researchers concluded that each mmHg difference found between the two arms, elevated predicted 10-year risk of one of the following occurring by one percent; new angina, a heart attack or stroke.


At the moment, both UK and European guidelines recognise a systolic difference of 15 mmHg or more between the two arms as the threshold indicative of additional cardiovascular risk.


This new study found that a lower threshold of 10 mmHg was clearly indicative of additional risk, which would mean that far more people should be considered for treatment if such a difference between arms is present.


To this end, the research team has created a tool that is easy for clinicians to use, to establish who should be considered for treatment based on their risk, incorporating the blood pressure reading in both arms.


Research co-author Professor Victor Aboyans, head of the department of cardiology at the Dupuytren University Hospital in Limoges, France, said “We believe that a 10 mmHg difference can now reasonably be regarded as an upper limit of normal for systolic inter-arm blood pressure, when both arms are measured in sequence during routine clinical appointments. This information should be incorporated into future guidelines and clinical practice in assessing cardiovascular risk. It would mean many more people were considered for treatment that could reduce their risk of heart attack, stroke and death.”


An interarm difference of greater than 10 mmHg occurs in 11 per cent of people with high blood pressure (hypertension) – itself a known health risk – and in four per cent of the general population.


The INTERPRESS-IPD collaboration includes Oxford and Glasgow Universities, the Université de Limoges in France and the Université du Québec à Trois-Rivières in Canada, working with colleagues in Spain, Taiwan, the USA, Denmark, Sweden, Germany, China, the Netherlands, Wales and Scotland.


The INTERPRESS-IPD Collaboration continues to examine other research questions concerning aspects of blood pressure measurement, and will publish further results that should support improved accuracy of blood pressure measurement over the year ahead.


Difference in Blood Pressure Between Arms Linked to Greater Death Risk




自律神経バランスが乱れると血圧に左右差が生じます。けんこうカイロプラクティックセンターでは、血圧の左右差を測定し、自律神経バランスを整えるための指標にしています。




もしあなたが自律神経失調ぎみなら、血圧を左右で測ってみて下さい。左右差が10mmHg以上であれば、要注意です。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア