Tap to close

子供の頭痛・手・脚・足の痛みおよび慢性疲労、嘔吐・咳の患者の病歴の変化

電話番号054-221-0125住所

子供の頭痛・手・脚・足の痛みおよび慢性疲労、嘔吐・咳の患者の病歴の変化

こんにちは、けんこうカイロプラクティックセンター 岩崎久弥(いわざきひさや)です。

今日のブログは、子供の頭痛や手足の痛み、慢性疲労、嘔吐、咳についてです。



先日、こんな質問を受けました。



子供が頭痛や手足の痛みで悩んでいるのですが、カイロプラクティックでケアすることは可能ですか?



はい、ケアすることができます。

ただ、お電話でお話しをしても、お子さまの状態がわからないので来院して下さい。





そんなやり取りをしたのですが、今回は、Activator Methods International社のホームページ(https://www.activator.com/)に掲載されている論文を翻訳しましたので、紹介します。



首の痛みを伴う6歳の少女のカイロプラクティックケア。頭痛; 手、足、足の痛み; およびその他の筋骨格症状
2009年9月1日 ケーススタディ、小児科、研究

概要 目的: この症例報告の目的は、首の痛みを訴える小児患者のカイロプラクティックケアへの反応を説明することです。頭痛; 頭部外傷後の手、脚、足の痛み、および慢性疲労、嘔吐、咳の患者の病歴の変化の報告。

臨床的特徴: 6歳の少女が遊び場の滑り台に押し込まれ、頭を打ち、「首と頭が痛い」といい。手、足、そして時折下肢の痛みを訴えました。さらに、患者は原因不明の倦怠感、嘔吐、および咳の症状を数年間にわたってを持っていました。彼女の首の痛みの指数は17.8%でした。左側屈および回旋(Rotation)、首の傾き。頸部有痛性歩行; 頸部可動域の喪失; 前頸部の変位; 頸椎と胸椎に沿ったけいれん、圧痛、トリガーポイント、浮腫。



介入と結果:

患者は、アクティベーターメソッドプロトコルを使用してケアをされました。5回目の治療後、患者のすべての症状は消失し、9回の治療後に正常な活動と脊椎の安定性に完全に戻りました。19週間後、彼女の脊椎は無症候でした。彼女の首の障害指数は0%でした。

結論: この症例は、カイロプラクティックケアのアクティベーター法がこの小児患者に有益な効果をもたらしたことを示しました。


数年にわたってあった症状が、5回目の治療後、患者のすべての症状は消失したというのはすごくありませんか? もちろんお医者さんにも通院していたと思います。5ヶ月たった後でも痛みが再発することなく過ごしているようですので、回復して良かったです。



Chiropractic care of a 6 year old girl with neck pain; headaches; hand, leg and foot pain; and other nonmusculoskeletal symptoms September 1, 2009 Case Studies, Pediatrics, Research,
Abstract OBJECTIVE:

The purpose of this case report is to describe the response to chiropractic care of a pediatric patient with complaints of neck pain; headaches; and hand, leg, and foot pain after head trauma and the reports of changes in the patient’s history of chronic fatigue, vomiting, and coughing.

CLINICAL FEATURES:

A 6-year-old girl was pushed into a playground slide, hitting her head and resulting in acute complaints of her “neck and brain hurting” and hand, foot, and occasional leg pain. In addition, the patient had a several-year history of unexplained fatigue, vomiting, and coughing spells. She had a neck pain disability index of 17.8%; left lateral and rotational head tilt; cervical antalgic lean; loss of cervical range of motion; anterior cervical translation; and spasm, tenderness, trigger points, and edema along the cervical and thoracic spine.

INTERVENTION AND OUTCOME:

The patient was cared for using Activator Methods protocol. After the fifth treatment, all the patient’s symptoms dissipated, with a complete return to normal activity and spinal stability after 9 treatments. At 19 weeks, her spine continued to be asymptomatic; and her neck disability index was 0%.

CONCLUSION:

This case demonstrated that the Activator Method of chiropractic care had a beneficial effect for this pediatric patient.

J Chiropr Med. 2009 Sep;8(3):131-6. [PMID:19703669]

Author information: Roberts J, Wolfe T. HealthQuest Chiropractic, Farmington, ME 04938.

出典先:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19703669/





Activator Methods(アクティベータ・メソッド)は、他のカイロプラクティックのテクニックや整体とは違いますので、6歳児でも痛みを感じること無く施術を受けることができます。このような論文も掲載されていますので、ご安心下さい。



あなたは、しっかりと研究をされているカイロプラクティックテクニックを選びますか、それとも名前だけのカイロプラクティックや整体を選びますか?

選ぶのは、あなたです。カイロプラクティックは、130年以上人々の健康のために発展してきました。ぜひ本当のカイロプラクティックを受けてください。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア