肩こりについて

はじめに

肩こりについて。


 肩こりに悩んだことがある人とない人がいるが、この違いはどのように考えれば良いのだろう。




仕事では、ほとんどの方がパソコンを使用している人がほどんどなのに・・・




最近は、スマホが肩こりに原因になっているという新聞記事などがある。




操作中の姿勢が肩こりの原因になっているようです。



スマホ使用中の姿勢が肩こりの原因




スマホの使用中、頭が下がり、肩が前方に巻き込み、うつむいた姿勢になっていませんか?



このような姿勢を長時間続けていると、首〜肩にかけての筋肉がこわばり血流が悪くなります。





トリガーポイントという筋肉の問題になります。このトリガーポイントが原因となって、肩こりになります。



僧帽筋|肩こりの原因|静岡けんこうカイロ整体院|けんこうカイロプラクティックセンター
Trigger Point Manualより







  私自身、肩こりを経験したことがある、水泳をしていて、肩を動かしているが、肩こりになったこともある。水泳をしている人に肩こりがないという話を良く聞くが、それは果たして本当の話なのであろうか?このホームページでも、アンケートを実施し、水泳や運動をしている人に肩こりが少ないのかを検証してみたいと思っています。




肩こりの原因・・・・・新しい考え方(ストレスによるもの)。

 肩こりが起こる原因には様々なものがあります。従来は、運動不足や悪い姿勢のために、肩の周辺の筋肉(僧帽筋が取り上げられることが多い)の血液の循環が悪くなって、結果、肩こりを起こしてしまうという考えかたが主だっていました。




  ニューヨーク大学のドクター・ジョン・サーノは、新しい理論を発表していますが、この理論は、下記に図示した通りです。今までの考え方からは、想像もつかなかった、感情の抑圧(心)によって、自律神経の働きを乱し、副交感神経が興奮し、そこからノルアドレナリンとアドレナリンが分泌され、その結果血管が収縮し、筋肉に行く血液が阻害され、筋肉が酸素欠乏状態になる。そこには発痛物質ブラジキニンが集まり、痛みを感じるようになります。




  痛みは、新しいストレスになり、また新しいサイクルができます。このサイクルが断ち切られない限り、肩こりが起こるのです。



肩こりの原因|治療|静岡